のぼりを長く使うには?メンテナンスの方法を紹介

さまざまな飲食店が利用するのぼり、寿命は3ヶ月って知っていましたか?

しかし、使い方次第では3ヶ月経たずに使えなくなってしまうケースもあります。

のぼりはそもそも専門店であればリーズナブルな金額で購入できるので、それくらいの期間で使えなくなってもあまり気にしないという店主の方もいますし、デザインも豊富なためその都度その都度違うデザインのものを購入してお店の印象を新鮮に保とうと考える店主の方も多いです。

★のぼりは専門店なら購入しやすい≫ ≫ ≫ のぼり旗工房|オリジナルのぼり470円〜のぼり既製デザイン500円〜【日本全国対応】

ただ、のぼりは実は大事に使えば3ヶ月以上も活躍してもくれるので、頻繁にのぼりを変えるとしても、それまでの間古さを感じさせるような状態にならないよう、メンテナンス方法を知っておくとよいでしょう。

これからのぼりを使う人に向けて手入れやメンテナンスの仕方をお伝えします。

◇のぼりはすぐに汚れる

営業時間中はずっと外に出したままになっているのがのぼりです。

空中に舞う土埃や車から出る排気ガスなどによって、のぼりは日に日に汚れていきます。

パッと見は汚れていないように見えますが、実は汚れやすいのです。

汚れているからと言って洗濯機に入れてはいけません。

のぼりは摩擦に弱く色落ちしやすいものです。

洗う際は擦るように洗わず、丁寧にもみ洗いを心がけましょう。

その際、ほつれているところはないか、穴が空いている場所はないか見ると良いですよ。

◇アイロンがけが必要!

のぼりは洗って干しただけでは手入れをしたと言えません。

しっかりとアイロンがけをしましょう。

のぼりは湿気が苦手です。

湿気たまま放置すると色移りしてしまう可能性があります。

湿気を除去する効果がありしわも伸ばしてくれるアイロンを使うようにしましょう。

◇定期的に手入れをしよう

のぼりは集客に効果があるアイテムなので、なるべく長く使いたいですよね。

長い期間使うにはメンテナンスをし手入れをすることが重要です。

手入れの仕方は「洗濯」と「アイロンがけ」のみです。

難しい作業ではないので、いつやるのかをしっかり決めて定期的に手入れをしてください。