のぼりの効果を最も発揮できる季節は?あの時期がオススメ!

何気なく多くの飲食店が使っているのぼり、実はある季節である商品名を書くと効果を発揮すると知っていましたか?

1年中同じのぼりを出しているとお客様も飽きてしまい、集客効果が薄れてしまいます。

のぼりの効果が発揮されるあの季節だけ、特別なのぼりを出してみましょう。

◇オススメの季節とは「夏」

皆さんはどの季節を思い浮かべましたか?答えは「夏」です。

「なら夏の時期だけのぼりを出せば良いか」と思った方もいると思いますが、そういうわけではありません。

夏の時期に「冷たい料理」「熱を逃がす食べ物」の名称をのぼりに書くことで効果があるのです。

夏はよく「かき氷」や「冷やし中華」などの夏ならではののぼりを出しているお店もたくさんありますよね。

あれは効果があるから毎年のぼりを出しているのです。

◇夏が最ものぼりの効果を発揮する理由

春や秋は比較的過ごしやすい陽気ですよね。

冬は着込めばなんとかなりますし、室内は暖房でむしろ暑い場所もあります。

しかし、夏はどうですか?

人は夏になり暑い日が続くと冷たいものを欲するようになります。

クーラーで冷えた空間、キンキンに冷えたドリンク、夏バテでも食べられる冷たい食べ物など、少しでも涼しくなれるようにこれらのものを欲します。

冷たいものに飢えている時、体を冷やす食べ物や飲み物の名前が書いてあるのぼりを目にしたら、ついお店に入ってしまうものです。

このような理由から、のぼりは夏に最も大きな効果を発揮すると言われています。

◇夏用ののぼりを作るのもアリ

1年中同じのぼりを出している方はぜひ夏用ののぼりを作ってみてください。

今後のぼりを作る予定の方も夏用で春秋冬用ののぼりを作りましょう。

水色や白と言った爽やかな色合いにするとより良くなりますよ。